講座お申込み・お問合せ

全国で活躍する、コミュニケーションカードの活用アドバイザー&トレーナーをご紹介します。

浅見葉子

リーフコミュニケーション代表。国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ(ACC)。

 

クライアントの理想の状態にむけて可能性を引き出す1to1コーチングでは2014年からコミュニケーションカードを効果的に活用し、チームコーチとしての人財開発や各種研修においてもカードワークによりメンバーの相互理解を深め “お互いが個性を受けとめ強みを活かしあえる組織づくり” を支援しています。

 

一部上場メーカー研究所の製品開発職を経て、2011年にプロコーチとして独立。ワークライフバランスの為に学んだコーチング要素を自ら社内外で実践し、周囲との対話プロセスを円滑にすることで得た前職での経験が、今の仕事の基盤となる。 

1to1コーチングのクライアントは経営者やリーダー、医師や看護師、医療介護関係者、講師、働く女性、中学受験生親子など多岐にわたる。また医療や企業など各現場のニーズに合わせた人財開発や研修ではコーチングをベースとして、アンガーマネジメント、アサーティブコミュニケーション、接遇などを応用し、人とチーム(職場)の価値基準を共に創り、患者様やお客様に信頼される職場風土構築を支援している。

 

和歌山市出身。